フランチャイズの適性:フランチャイズ代理店選び|独立開業・起業のための情報館

フランチャイズの適性

フランチャイズによる独立開業を検討する時は、まず、フランチャイズという経営方法に対する自分自身の適性について、よく考えてみましょう。


フランチャイズの基本は、フランチャイザーである本部の指導に従うことです。フランチャイザーは、長い歳月をかけて作り出したマニュアルを持っています。

そして、そのマニュアルどおりに、同じ商品、同じサービスを提供することこそが、フランチャイジーの大切な仕事だと言えるのです。


独立開業に当たって、もしも、独創的な、自分の個性を生かした事業を展開したいとお考えの場合は、
フランチャイズによる独立開業に対する適性がないと判断した方がよいのではないかと思われます。


フランチャイズによる独立開業をお考えの時は、フランチャイズという経営方法に対する自分の適性について、見極めておく必要があると言えそうです。


本当意味で、独立して自分らしい相違工夫アイディアでビジネス展開したいという、独立意識が強い人にはあまり向かないタイプの独立開業手段だと思います。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月11日|

カテゴリー:フランチャイズ選び