水道光熱費:独立開業のための確定申告



水道光熱費

水道光熱費は当然のこどくかかるだろうから、経費として計上する事ができます。


ここで問題になるのは、自宅で独立開業したいる場合、どこまでが、事業に必要になった経費かということですね。


生活に使った光熱費は当然経費にはならないので、按分して計上する必要があります。正確な数値を出すのは困難だが、使用している電気製品でだいたいの使用割合を出そう。


経費として認められるかどうかは、それが一般的に考えて妥当なものであるかが重要なので、無茶な割合で出すようなことをせずに妥当な割合でだすようにしましょう。


独立開業したら、経費を多く計上することよりも、出来るだけ経費をかけず、利益分を多くするのかを考える事が何より重要なわけですから。

タグ

2007年5月11日|

カテゴリー:確定申告の経費