経理アウトソーシング

経理のアウトソーシングを考える

独立開業すると最初から余分な人件費などだせませんから、経理に関する全ての業務を自分でこなさなければなりません。それでも売り上げが小さなうちはそれでも仕方がないので、極力自分でやらなければなりません。

しかし、開業、起業後少しずつ売り上げもあがり、のびていく課程でては、本業に専念したいところが、経理業務に時間をとられたり、思わぬところで、経理上のミスが起きてしまったり、あまりいいことはありません。

そんなとき経理アウトソーシングを考えてもいいのではないでしょうか?ちまたでは、経理アウトソーシング専門の会社が存在します。経理スタッフの派遣という形での経理アウトソーシングをするサービスもあります。

個人事業主程度で現実的なのは、経理関係の資料を送付するだけで、領収書、請求書の整理や申告時の書類作成などをしてくれるサービスもあるので、青色申告などの記帳時間がとてもとれないような場合で利用すると、本業務に専念する事ができていいのではないだろうか。


■注目の特集→独立開業ノウハウだけを手に入れ、自力で開業しよう!!
ハウスクリーニング・自宅ネイルサロン・便利屋開業・飲食店開業

記帳代行

経理のアウトソーシングの基本は記帳の代行をしてもらうことだ、経理アウトソーシングの会社でもまず間違いなく経理関係の市販ソフトを使っていることが殆どなので、自分のところで使っているソフトとおなじもので記帳してもらうこともできるたろう。記帳を代行してもらう場合、領収書や、通帳も資料として必要になるがたいていの場合コピーをして経理アウトソーシング会社に送ればいいようだ。

経理アウトソーシング会社といっても、税理士が経営しているというわけではなく、提携税理士抱えていて、対応し、記帳代行だけでなく、会社経営全般などについてのアドバイスサービス業務などもしている。

税理士と経理アウトソーシング会社の違い

法人化すると顧問税理士をみつけて、月2万円ぐらいで経理に関する業務についてアドバイスを受けたり、申告時の相談をする。記帳や、税務申告や経理書類の作成は、税理士に依頼する場合、それぞれ別途注文する形になる。根本的には経理アウトソーシング会社も似たものだが、経理事務を請け負う、実際の記帳作業を行うことが主目的で、手間を減らしてくれる、経理のスタッフてきな存在を肩代わりしてくれるというかんでした。そのようなニアンスが税理士とはちょっと違う点だろう。

もちろん税理士などがいる会計事務所自体が経理業務の代行をしている形態もあるので、はっきりと税理士と経理のアウトソーシング会社との区別をつけるのも難しいかもしれないが。経理アウトソーシング会社の場合、実務の専門会社として存在し、そこにスタッフや、外部提携税理士として、税理士がいるというような捉え方になるであろう。